留学準備編

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 女性の方へ(01/09)
  3. 荷物を送るときのコツ(01/08)
  4. 海外へ引っ越しする為の荷物を送る(01/07)
  5. 自分の症状を伝える(12/23)
  6. 友達づくりに関して(12/06)
次のページ

 カテゴリー 勉強の必需品
    人気の英語勉強本


      スポンサーサイト

      --.--.--(--:--)
      上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
      新しい記事を書く事で広告が消せます。
      スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

      女性の方へ

      2007.01.09(08:55)
      今回は女性の方への留学準備情報を書きます。
      (男性の方、申し訳ないです...)


      女性の方は、月に一度、女の子の日がありますよね。
      タンポンを愛用の方、ナプキン派の方と
      別れると思いますが、今回は、

      生理用ショーツについてです。



      アメリカに来て以来、学んだ事ですが
      どうやらアメリカではタンポン派の方が多いらしく、
      ”生理用ショーツ”なるものはどこを探しても見当たりません


      大きいデパートに行ったとき、
      「生理用ショーツはありますか?」
      と聞いた所、お店の人は この子は何を言っているのかしら.....
      と言った表情で、「それってどういうもの??」
      と、逆に聞かれてしまった経験があります


      なので、生理用ショーツをお使いの方は、
      いくつかの予備を持っていく事をお薦めします



      この情報が少しでも役に立てれば幸いです!
      さらにいろんな情報もこちらへ→


      スポンサーサイト

      荷物を送るときのコツ

      2007.01.08(08:59)
      郵送する荷造りに関してです


      郵送のトラブルとしてたまに聞く事ですが、
      「入れたはずのものが箱が壊れて無くなってた。」

      というものです。


      1日に海外へ郵送される荷物は膨大なもの。

      業者の方に取って、1つ1つを丁寧に扱うほどの十分な時間は
      無いはずです。


      中には箱がかなり壊れた状態で送り先に付く例もあります



      自分の送る荷物の中身を郵送中に無くならないようにする為の
      対策を今回は書きたいと思います

      用意するもの:

      透明のビニール袋(縦30~40,横20~30のものを沢山)
      段ボール箱
      頑丈なテープ
      紙・ペン


      方法:
      1、送りたいものを透明なビニール袋にいくつか入れる
      (このとき、同じ種類のものを1つの袋に入れる。靴下類、上着類など)
      2、袋に入れた内容物自分の名前を紙に英語で書く(socks,shoes etc...)
      3、書いた紙をビニール袋の外から見えるように袋の中に入れる
      4、袋をテープでとめて、段ボールの中に1つ1つ入れていく
      5、段ボールは、開きやすい部分と角っこをしっかりとテープでとめる
      (この時、絶対にテープをケチらない。
      心配な方は、段ボールを巻くようにしてテープでとめるといいと思います)



      私はこの方法で全ての荷物(大きい箱6~7個)
      が無事に届きました。
      途中で箱が割れたであろう跡もありましたが、
      業者の方がどの箱に属したものか、すぐにわかったらしく
      全てが1つの箱に入って届いてました。

      ただ、全く別な人の割れた箱から出てしまったっぽい
      ”爪磨き”も箱に入ってましたが(笑)





      皆さんの1度のクリックが大きな励みです


      海外へ引っ越しする為の荷物を送る

      2007.01.07(09:54)
      ”独自留学”という言葉をトップに置きながら
      留学準備に関しての記事をしばらく書いていなかったので
      書きたいと思います


      荷物を送る時、私が使った運送機関は、
      郵便局です


      他と値段を比較してみた所、それが一番
      リーズナブルだったからです。


      当時の私は車の免許を持っていなかったので
      重い荷物は運べませんでした。


      が!!!

      郵便局ってすばらしいです。
      取りにきてくれるんです。しかも無料でした。


      取りにきた郵便局員は目の前で計量をして値段を出します。
      仮に、荷物を取りにきた郵便局員が荷物を車などに持っていって、
      見えない所で計量をしたとしたら

      「自分の目の前で計量していただけますか」


      ハッキリ言いましょう


      重さを割り増しして多めの請求をする人が
      いないとは言い切れません。



      私の場合、多めの請求はされませんでしたが、
      荷物を見えない所で計量されてしまった経験があり、
      目の前での計量を頼むと、(もちろん丁寧に頼みました)

      「まったくもう,世話が焼けんなぁ!」
      と言いやがりましたので、

      「貴方に私の荷物は頼めません。帰ってください。」
      と、他の配達員の方に来てもらった事があります。


      郵便局側も、お客様の目の前で計量する事は
      ルールとなっています。


      最後まで自分の荷物にはガッチリと責任を持ちましょう^^



       
      他にも英語、留学情報があります↓


      自分の症状を伝える

      2006.12.23(09:18)
      長期留学を予定している方、または
      英語圏での長期滞在をしたい方に.....


      覚えておくと便利なフレーズ


      この記事を書こうと思った経緯は私の風邪にあります
      咳がひどく、(何度もブログに書いてますが、飽きてしまった方、
      ごめんなさい)胸までいたくなってきたので、
      「さすがにヤバいかな.....」と思い、医者に見てもらったわけです


      そんなわけで、症状一覧は "続きを読む" の先で..
      ⇒自分の症状を伝えるの続きを読む

      友達づくりに関して

      2006.12.06(08:51)
      留学はいろんな国の人たちと友達に
      なる、大きなチャンス!

      自分自身の視野を広げたり、
      相談をしたりと、

      留学生活の中での友達の存在は
      とても大きいものです


      言葉の壁を越えて、
      恥ずかしさも捨て、細かい文法のルールも
      気にせずにコミュニケーションを図るのは
      最初のうちはけっこう難しいかもしれません


      人によっては友達づくりにちょっと
      時間がかかる場合もあると思います


      でも誠実さや,優しさは、
      絶対に世界共通です



      最初は慣れなくても、
      イベントやアクティビティーには積極的に
      参加していきましょう!

      「どこからきたの?」や、「英語に興味を持ったきっかけは?」
      など、少しづつ話しかけていくのもいいと思います^^


      ただし、学歴や年齢,宗教や職業,そしてお金の事
      はプライバシーに関わるので控えるようにしましょう
      (仲良くなるに連れて自然に会話に出てくる分には
      問題はないです)




      皆さんの応援が大きな励みです!
| ホームへ | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。