1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 荷物を送るときのコツ(01/08)
  3. 海外へ引っ越しする為の荷物を送る(01/07)
  4. ペアを組む(01/06)
  5. anorexia(01/05)
  6. 裏返し(01/04)
前のページ 次のページ

 カテゴリー 勉強の必需品
    人気の英語勉強本


      スポンサーサイト

      --.--.--(--:--)
      上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
      新しい記事を書く事で広告が消せます。
      スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

      荷物を送るときのコツ

      2007.01.08(08:59)
      郵送する荷造りに関してです


      郵送のトラブルとしてたまに聞く事ですが、
      「入れたはずのものが箱が壊れて無くなってた。」

      というものです。


      1日に海外へ郵送される荷物は膨大なもの。

      業者の方に取って、1つ1つを丁寧に扱うほどの十分な時間は
      無いはずです。


      中には箱がかなり壊れた状態で送り先に付く例もあります



      自分の送る荷物の中身を郵送中に無くならないようにする為の
      対策を今回は書きたいと思います

      用意するもの:

      透明のビニール袋(縦30~40,横20~30のものを沢山)
      段ボール箱
      頑丈なテープ
      紙・ペン


      方法:
      1、送りたいものを透明なビニール袋にいくつか入れる
      (このとき、同じ種類のものを1つの袋に入れる。靴下類、上着類など)
      2、袋に入れた内容物自分の名前を紙に英語で書く(socks,shoes etc...)
      3、書いた紙をビニール袋の外から見えるように袋の中に入れる
      4、袋をテープでとめて、段ボールの中に1つ1つ入れていく
      5、段ボールは、開きやすい部分と角っこをしっかりとテープでとめる
      (この時、絶対にテープをケチらない。
      心配な方は、段ボールを巻くようにしてテープでとめるといいと思います)



      私はこの方法で全ての荷物(大きい箱6~7個)
      が無事に届きました。
      途中で箱が割れたであろう跡もありましたが、
      業者の方がどの箱に属したものか、すぐにわかったらしく
      全てが1つの箱に入って届いてました。

      ただ、全く別な人の割れた箱から出てしまったっぽい
      ”爪磨き”も箱に入ってましたが(笑)





      皆さんの1度のクリックが大きな励みです


      海外へ引っ越しする為の荷物を送る

      2007.01.07(09:54)
      ”独自留学”という言葉をトップに置きながら
      留学準備に関しての記事をしばらく書いていなかったので
      書きたいと思います


      荷物を送る時、私が使った運送機関は、
      郵便局です


      他と値段を比較してみた所、それが一番
      リーズナブルだったからです。


      当時の私は車の免許を持っていなかったので
      重い荷物は運べませんでした。


      が!!!

      郵便局ってすばらしいです。
      取りにきてくれるんです。しかも無料でした。


      取りにきた郵便局員は目の前で計量をして値段を出します。
      仮に、荷物を取りにきた郵便局員が荷物を車などに持っていって、
      見えない所で計量をしたとしたら

      「自分の目の前で計量していただけますか」


      ハッキリ言いましょう


      重さを割り増しして多めの請求をする人が
      いないとは言い切れません。



      私の場合、多めの請求はされませんでしたが、
      荷物を見えない所で計量されてしまった経験があり、
      目の前での計量を頼むと、(もちろん丁寧に頼みました)

      「まったくもう,世話が焼けんなぁ!」
      と言いやがりましたので、

      「貴方に私の荷物は頼めません。帰ってください。」
      と、他の配達員の方に来てもらった事があります。


      郵便局側も、お客様の目の前で計量する事は
      ルールとなっています。


      最後まで自分の荷物にはガッチリと責任を持ちましょう^^



       
      他にも英語、留学情報があります↓


      ペアを組む

      2007.01.06(09:43)
      「ヒロシとハナコ、ペアになってください」

       
      単語を2つ使って言います




      Hiroshi and Hanako, ( ) ( ), please.

      a: pair with
      b: pair up
      c: pair on










      正解はbの pair up でした!


      温かなクリックが私の支えです

      anorexia

      2007.01.05(09:58)
      昨日読んだ本、それはanorexiaについてのものです

      ある1人の患者さんが実際に書いた文章を
      抜粋してリーディングの勉強法の参考に
      したいと思います


      彼女は既にanorexicで、これを書いたときは
      鼻にチューブが入った生活を5年ほど続けていたそうです。


      「I have a tube in my nose. My dad was like,
      "My child can't have a tube in her nose," and he took me
      to the doctor. I got put under, and I woke up with a tube into my stomach.」




      もし、ここで put under で目が止まってしまった方、
      辞書を引かずに、もう1度読んでみてください。
      put under がわからなくても、もうⅠ度、さらにもう1度読んでみてください。

      put under の後に、彼女は woke up なんです。
      場所は病院。  put under → woke up



      そう、put under は、「麻酔で眠らす」事を言います



      リーディングでは、わからない単語や熟語が出てきても
      何となくその意味を想像する事も大事だと思います




      皆さんの応援が大きな励みに!!!


      裏返し

      2007.01.04(09:29)
      「Tシャツ、裏返しだよ。」

      を英語で言うと....

      「Your T-shirt is ( ) ( ).」
      a: inside out
      b: upside down


      正解は、
      aの inside out.

      bは ”上下が逆さま” の時に使います。

      応援お願いします!!大きな励みです!


前ページ | ホームへ | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。